前へ
次へ

池袋の不動産の中層建築物

池袋の不動産の中層建築物は、建築物の階数や高さによって低層、中層、高層、超高層といった区切りがあり、その一つとなっています。
法律的にみても、高層の定義にも法律の趣旨や目的などから、定義自体が違ってくる場合もあるため、必ずしも中層建築物の定義自体が定まっているものではありません。
それを前提として、国土交通省の規定によれば、3階から5階までの階層があるものを中層建築物と呼んでいます。
そして、中層建築物にはエレベーターを設けることとされています。
また消防法によると31mを超える高さの建築物が高層建築物とされているため、31m以下が中層建築物であるそうです。
池袋の不動産の中層建築物は、低層でもなく高層でもないという中間的な階数や高さを言うのであり今一中途半端な感がする点も否定できません。
なぜなら、高層の基準が適用されたり低層の基準が適用されたりするからです。

池袋の不動産の低層建築物

低層建築物というと、あまり聞きなれないですが、簡単に言ってしまうと、1階もしくは2階建ての建物のことを言います。
6階以上の高層建築物と比較する際に使われる用語で、池袋の不動産業界では頻繁に使用されています。
昔は、家を買うというと、一般的には平屋、もしくは2階建てのマイホームというイメージが強かったのですが、最近では日当たりなどのデメリットから、高層マンションなどの一室を購入してマイホームとするようなケースが多くなってきています。
人が暮らす限り、池袋の不動産業界がなくなることはありませんが、しかし、この業界は時代や経済状況によってトレンドが刻一刻と変わるものです。
最近では、低層建築物の人気はそこまで高くないと言えますが、今後のことはわかりません。

Page Top