前へ
次へ

団地の池袋の不動産の名称

団地の池袋の不動産の名称には、さまざまな種類があります。
一昔前までは、地域名に番号を付けるというような、○○第2団地といった名称が一般的でしたが、最近では○○ニュータウンなどといった、おしゃれな名称も増えています。
団地の池袋の不動産の名称には他にも、地域の特色を示した名称などもあります。
例えば桜が多い地域であれば、桜の森団地など「桜」の字が使用される名称などがあります。
また団地は丘陵部が開発された地域も多いため、△△ヶ丘団地といった名称のところも多くなっています。
最近新しく開発される団地の場合では、パークタウンやビレッジ、ガーデンヒルズなどといった、マンションのような外国風の名称などが人気となっています。

池袋の不動産のハイツとコーポ

集合住宅の池袋の不動産には、大きく分けるとマンション、アパート、団地があります。
他にもハイツやコーポといった呼び名が付いている建物がありますが、これらは基本的にはアパートに属することとなります。
一般的に重量鉄骨、鉄筋コンクリート(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)以外の建築様式で建てられた集合住宅のことを、アパートと呼びます。
しかしアパートという呼び名には木造や築年数が古いといったイメージがあるため、ハイツやコーポといった呼び名を付けるというケースが多くなっているようです。
基本的に集合住宅の建物には、名称をつけるのに細かい規定というものが設けられていません。
ですから池袋の不動産のイメージを高めることを目的として、新しいアパートにハイツやコーポといった名称を付ける場合が多くなっているようです。

Page Top