前へ
次へ

初期の団地の池袋の不動産

初期の団地の池袋の不動産は、おもに20~30代の中堅所得者層向けに販売がされていましたが、現在では売却して転居しているという人が多いようです。
通常5階建てぐらいまでの団地にはエレベーターなどが設置されていないため、居住者が高齢となり階段の上り下りが困難となったというのが、理由の一つとしてあげられます。
そのため初期の古い団地であっても、居住者の年齢構成自体は必ずしも高齢というわけではなく、順調に世代交代が行われているということが言えます。
また初期の団地の池袋の不動産を購入した人の中には、成長して家族を持った自分の子どもに譲って、自身は他へ転居するといったパターンも多いようです。
初期の団地は築年数は長いですが、内装のリフォームなども積極的に行われているため、現在でも快適に生活をすることができます。

団地の池袋の不動産の老朽化

団地は30~40年で老朽化すると言われていますが、実際の建物の耐火構造による耐用年数は、およそ70年だとされています。
団地の池袋の不動産が老朽化した場合には、マンションなどと同様建替えが必要となります。
しかし建替えには、その団地に居住しているすべての居住者の同意が必要となるため、実際には困難となるケースが多くなっています。
そのため築年数の長い古い団地では、耐用年数もしくはそれ以上まで居住ができるよう、メンテナンスが実施されいてるところも多くなっています。
具体的には免震の強化や外壁の補強、外壁の塗装などが行われています。
また居住者の中には、住居の内装をリフォームするという人などもいます。
団地の池袋の不動産の老朽化に対処するためには、居住者同士の協力が必要ということが言えます。

Page Top