前へ
次へ

池袋の不動産のハイパービルディング

ハイパービルディングとは、1000メートル以上の高さを持つ建物のことで、池袋の不動産用語では別名超高層建築物とも言われています。
大きな集客力や収益力を期待できる建物でもありますが、ここ日本においては、地震大国とも言われているがために、その構造が気になるところでもあります。
しかし、日本の建築基準は世界的に見てもとても厳しいということで有名であり、ある一定以上の高さの建物を建てる場合には、その基準はさらに厳しくなります。
また、ハイパービルディングを立てる計画段階から、耐震面などいろいろな実験や工夫がされているので、安心です。
近年池袋の不動産業界では、こうしたハイパービルディングへの投資もさかんに行われていて、今後注目の物件です。

池袋の不動産の平屋

今の時代、平屋住宅を探すというのは、至難の業であるかもしれません。
特に、都会に行けばいくほど、商業施設を除いて平屋という物件は、あまり見かけなくなりました。
しかし、そういう希少価値が下がってきているものにまた注目が集まる、というのも世間のトレンドのおもしろい点でもあります。
最近では、平屋を中心に扱う池袋の不動産もちらほらでてきているようです。
一般的に平屋であると、価格が下がると言われているようで、定年後の夫婦が別荘として購入するなどのケースが見受けられるようです。
平屋という池袋の不動産でも、うまく使えば住み心地は悪くないはずですし、年を取って足腰が弱くなり、階段の上り下がりがつらくなれば、こういったフラットタイプの住居のほうが安心です。

Page Top