前へ
次へ

池袋の不動産のファッションビル

広大な池袋の不動産の利用として、ファッションビルがあります。
郊外の場合はアウトレットモールや広大な駐車場を確保したファミリー向けのショッピング街となるケースが多く、ファッションビルとしての開発は都市部などが多いようです。
ファッションビルはファッションに特化したテナントが入っているケースが多いビルの事を、一般的には言うようです。
しかし、1Fや2Fに雑貨や飲食店のテナントが入り、その上の階は企業が入っていたり、レンタルの会議室として利用する事が出来る様になっている、外観がお洒落なビルもファッションビルと言われてます。
どのような場所にある池袋の不動産なのかによって、同じ「ファッションビル」といわれる建物でも、形式を変えるのが有益な投資と言えるのではないでしょうか。

池袋の不動産開発による商店街

商店街の活性化を目的とした池袋の不動産開発があります。
商店街の開発には、いろいろな人の支援が必要となります。
道路の整備には自治体の協力が必要となります。
空き店舗や空き地となっている土地の地権者に協力をしてもらい、大手企業に開発を求める場合もあります。
費用の準備のために銀行の融資協力も必要となります。
個人での店舗の場合、老朽化の整備なども必要になります。
商店街のイメージをどのようにするかによって、店舗のリフォームや新規開発も変化します。
ターゲットにする客層によっても変化します。
ファミリーが利用しやすいようにしたいのか、若者が集いやすい場所にするのか、落ち着いた大人が散策できるようにしたいのか等、いろいろあります。
池袋の不動産のある場所にあって商店街のイメージと客層の狙いを定めて、開発を進める必要があるのではないでしょうか。

Page Top