前へ
次へ

団地の池袋の不動産の形態

団地の池袋の不動産の形態は、集合住宅というのが基本となります。
団地とは、一団の区画に住宅を集中させた地域のことを言います。
一般的には重層構造となったコンクリートの建物が、敷地内に数棟建てられいるという形態が多くなっています。
そのためマンションのように建物一つ一つではなく、一つの団地の区画ごとに管理がされています。
団地を池袋の不動産として所有する場合にも、自分の居住する建物のある区画ごとに、共益費を支払うということが必要となります。
共益費はおもに建物や駐車場の管理のほか、敷地内の公園や造園などの整備、清掃などに使用されることとなります。
なお古くから立地している団地に関しては、駐車場の数が少ない場合もあるため、注意が必要となります。

池袋の不動産のコハウジング

池袋の不動産のコハウジングというのは、暮らしやすい住環境が構築された、一つの村のような居住地のことを言います。
20~30世帯の住宅が立ち並ぶほか、共同で使用する施設が設けられているというのが特徴となります。
共同の施設には住民専用の食堂や台所、会議や集会などを行う多目的室、作業場、保育室などがあります。
池袋の不動産のコハウジングは、共同施設を設けることによって近隣住民との交流を深めたり、自然を多く確保することによって動植物との触れ合いを身近にしたりするなどといったことを、目的としています。
また住宅地への車の乗り入れを禁止して交通事故を防いだり、再生可能エネルギーを多く使用して地球環境にやさしい生活を送るなどといった、さまざまな取り組みが行われています。

Page Top